台風一過の朝。空気が澄んで、光がきれいだ。近所では恐れられていたほどの被害はなかったようで、折れた傘を何本かと、くたびれた感じのハトを見かけたくらいだった。以下、写真3点。

金沢旅行2日目(10月4日)は朝から強い雨。みぞれのようにも見える。ホテルの部屋で外の様子をうかがいつつ、コピーしてきた建築の資料から目についた言葉を拾って発したツイート。「なお、北陸地方の気候は表日本とはなはだ異って、非常に条件が悪い。金沢…

金沢初日の夜は、ホテルから鞍月(くらつき)用水沿いを歩いて夕食を食べに行った。橋詰めに建つ木造家屋を改修したお店で、通りを見下ろす2階の大きな窓からの眺めがとてもよかった。道行く人も、地元の人と旅行者、日本人と外国人とがほどよく混じり合い、…

前にも訪れたことがある《金沢21世紀美術館》(設計=妹島和世+西沢立衛/SANAA、2004年竣工)は2日目に行こうと思っていたのだけど、ちょうどホテルに向かう途中にあり、まだ日も落ちていなかったので、すこし立ち寄ってみた。結局、翌日は本格的な雨にな…

鈴木大拙館を後にして「金沢くらしの博物館」へ。旧石川県第二中学校本館(重要文化財、設計=山口孝吉/石川県技師、1899年竣工)を活用した博物館。「昭和のこどもと遊び」という展覧会が開催中で(〜11/17)、ここで見なければこの先の人生で一度も見るこ…

金沢旅行1日目。《鈴木大拙館》(設計=谷口吉生、2011年竣工)。これはむしろ街との断絶、建築の自律性や超越性が、プログラムとして積極的な意味をもつ建築だろう。谷口吉生の作家性が存分に活かされていると思う。鈴木大拙のことを多少でも知っておいたほ…

吉田健一の小説『金沢』(河出書房新社、1973年)で描かれる主人公の家も犀川越しに金沢の街を望めるようなので、あるいは谷口吉郎が暮らした家(現在の金沢建築館)と近い位置が想定されているのかもしれない。吉田健一はいわゆる近代的な建築をあまり好ま…

金沢旅行1日目。犀川を越え、高台にある《谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館》(設計=谷口吉生、2019年竣工)へ。谷口吉郎が暮らした家の跡地だという敷地は、そこそこ車通りのある坂道の途中に位置し、裏手側から犀川越しに金沢の街を見渡すことができる。金…

金沢旅行1日目の続き。次に中心市街地のほうまで歩いていき、《日本基督教団金沢教会》(設計=香山壽夫建築研究所+進藤圭介建築研究所、2002年竣工)を訪れた。敷地の斜め前、4本の道と小さな公園が集まる都市のヴォイドのほうに礼拝堂のボリュームを置い…

金沢市立玉川図書館の近所にある《金沢市西町教育研修館》(旧石川県繊維会館、設計=谷口吉郎、1952年竣工)。RC造だが、金沢の多雨を考慮して勾配屋根が載せられ(この日も降ったり止んだりの変な天気だった)、柱もタイル貼りの外壁の外には露出させず、…

10月3日4日と、1泊2日で13年ぶりくらいに金沢を訪問。最近の谷口父子への興味と、新しく《谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館》(設計=谷口吉生、2019年竣工)ができたことをきっかけにしているけれど、いくつかの建築を観たなかでもっとも心を惹かれたのが、金…

昔の人は写真に撮られると魂を抜かれるといってそれを嫌がったそうだけど、今でもその場の空気と関係なくただ単にSNSにアップするためだけの集合写真を撮られたりすると魂が抜かれるような思いがする。

昨日、東京ステーションギャラリーの帰りに寄った家電量販店で、一眼レフのレンズを試用させてもらった。以前、「もっと良いカメラ&レンズを使えばもっと良い写真が撮れるのではないか」と書いたけれど(6月24日)、定価で税別125,000円のAF-S DX NIKKOR 16…

東京ステーションギャラリーで「没後90年記念 岸田劉生展」を観た(〜10/20)。日本近代の絵画史をよく知らなくても、熊谷守一や岸田劉生の作品は、その良さにじかに接することができる。それはカタログの解説文で引用されていた下の文章における指摘が、岸…

学生時代以来なんとなく捨てずに溜まっていた映画のチラシやパンフレットをだいぶ処分した。映画館に行くことも少なくなった。

香山壽夫先生の新刊『人を動かす設計術』(王国社)に、3年前の対話録「建築と言葉の関係について──映画『もしも建物が話せたら』から考える」(約15,000字)が収録されました。下記リンク先、「10+1 website」での公開用にまとめられたテキストです(2016…

奥沢の家(設計=松下希和、2019年竣工)を見学。外部にまで露出する集成材の大きな壁が長方形平面を細長く二分し、空間に水平方向/垂直方向の距離とダイナミズムをもたらしている。

qpさんの個展「セルヴェ」を相模原のパープルームギャラリーで観た(〜9/23)。出展作のなかの1点(→)を購入。qpさんの絵画作品はqpさんの写真作品に比べて僕にはぴんとこないというか、端的にいって好みから外れると思っていたのだけど(2014年3月22日)、…

今日で『建築と日常』No.0を刊行してちょうど10年(別冊『窓の観察』を刊行してちょうど7年)。香山先生や坂本先生に連絡を取ってインタヴューをしたり、大橋さんに雑誌のロゴを作ってもらったり、初めてInDesignに触って自分でレイアウトをしたり、いろんな…

神奈川県立近代美術館で「柚木沙弥郎の「鳥獣戯画」」展と「みえるもののむこう」展を観た(〜9/8)。柚木沙弥郎は民藝系の染色家で、今回の出展作のように絵を描いたり、絵本や立体作品を作ったり、いろんな創作があるようだけど、この展覧会を観た限り、や…

呉美保『そこのみにて光輝く』(2013)を家で観た。三宅唱『きみの鳥はうたえる』(2018年10月1日)、山下敦弘『オーバー・フェンス』(2018年12月29日)と同じく、佐藤泰志の小説が原作。知らない監督だったけど、調べたら山下敦弘と大学の同期らしい。佐藤…

ひさしぶりにジュンク堂書店池袋本店を訪れた。しばらく新刊のない『建築と日常』を変わらず大きく扱ってくださっていて恐縮する。10年前、『建築と日常』の取引の相談に訪れた日のことが、せいぜい3年前くらいのことであるかのように感じられる。

仙台市青葉区八幡に新しくできる「曲線」という名前の書店に『建築と日常』各号を発送した。『建築と日常』の創刊以来お世話になっていた書店員の方が独立して始めようとするお店。築100年を超える古民家を店舗にし、絵画・写真・詩・文学をメインに和洋の古…

去年のイベント(2018年5月19日)以来で《西大井のあな》を訪問。相変わらずこの住宅をめぐっては毀誉褒貶があるそうだけど、僕自身は良いとか悪いとか言う気持ちにあまりならない。そういう批評の対象にならない、もっとプライベートなものという感じがする…

昨日は台東区上野桜木の旧平櫛田中邸を見学した。近所の朝倉彫塑館(旧朝倉文夫邸)のような建物の作品性は強くないものの、増築を経た不定型で有機的な空間構成とこぢんまりしたスケール感が親しみ深い。平櫛田中(1872-1979)はこの住宅に50年ほど住み、99…

昨日、Takuro Someya Contemporary Artへ行く途中、モノレールから撮った写真。いつも文学フリマの会場へ行くためにモノレールに乗るたび写真を撮りたいと思うのだけど、文学フリマのときは荷物が多すぎて、一眼レフを持っていく余裕がないのだった。都市を…

TERRADA Art Complexに移転したTakuro Someya Contemporary Artで、岡﨑乾二郎展を観た(〜8/24)。「ゼロ・サムネイル」シリーズの新作が中心。岡﨑さんのこのシリーズの展示を観るのはもう何回目だろうか。回ごとの変化を読み取る力はないけれど、10年以上…

Sawada Hashimura「参照の織物」展をプリズミックギャラリーで観た(〜8/23)。基本的に若手建築家の活動を紹介しているこのギャラリーにおいて、自分たちの設計作品をまったく出さない野心的な企画。いくつかの有名な建築における特定の部分の精巧な模型を…

「熟成する空間」(『東京人』2013年3月号)という昔書いたエッセイを題材にした小学生向けの国語の試験問題。前回(2015年11月16日)から数年経って、また模試に使われたらしい。

テレビで放送していた、片渕須直『この世界の片隅に』(2016)を観た。3年前、映画館での公開時にも観た作品。そのときの日記では、「それぞれの要素が作品世界として全一的に統合されておらず(内的な秩序に根ざしておらず)」と批判しているけど(2016年12…