とりわけ最近、ツイッター上で「これだから日本は」などと日本を侮蔑するような言葉を多く見かけるようになった。大抵の場合、その意図も分からなくはないのだけど、日本の政府や日本の法律といった具体的なものを対象にするのならともかく、慣習や国民性と…

テレビで放送していた、宮崎駿『魔女の宅急便』(1989)を観た。20年以上ぶりだろうか。思っていたよりもずっと面白かった。プロジェクターを使い、80インチのスクリーンで観たことも関係しているかもしれない。物語の世界観と相まって、西洋のいくつかの都…

理事をしている佐々木泰樹育英会で、建築系の奨学生たちが作った冊子『樹林会』vol.2をもらった(非売品)。各学生の作品や活動、エジプトへの研修旅行をめぐる記録や考察などがまとめられている。

号外『建築と日常の写真』(→)をツバメ出版流通に発送。どこかで売れているらしい。この本はいろんな人から褒められて、自分でもわりと気に入っている。2017年の刊行以降に撮影した写真も溜まってきているので、そのうち『建築と日常の写真 2』を作りたい。…

年末(12月22日)に豊田市美術館のショップで予約購入していた『岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ』(ナナロク社、2020年)が届いた。A4変型という大きさのハードカバーで、モノとしての迫力がある。同名の展覧会のカタログという名目だけど、岡﨑さんの仕事を網羅…

ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』(2019)を池袋HUMAXシネマズで観た。新型コロナの影響でガラガラかと思ったけど、意外と人がいた。 ここ最近、ポン・ジュノの映画をよく観ている。制作年順に『ほえる犬は噛まない』(2000)、『殺人の追憶』(2003…

神奈川大学建築学科建築デザインコースが発行する『RAKU』、ひさしぶりにホームページを見てみると、2018年刊行のvol.14も全ページPDFで公開されていた(表紙画像をクリック)。 http://www.arch.kanagawa-u.ac.jp/designcourseworks-raku/ 僕は私事によりvo…

散歩がてら行った近所の古本屋で購入。書店のカバーが付いているのは発売されたばかりの新刊で、W・G・ゼーバルト『アウステルリッツ』(新装版、鈴木仁子訳、白水社)。 建築史家のアウステルリッツは、帝国主義の遺物の駅舎、要塞、病院、監獄を巡り、〈私…

TOTOギャラリー・間「増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。」を観た。増田さんには『建築と日常』No.5(→)で、アンケート「あなたにとって飽きない建築とはどういうものですか?」に回答していただいている。会期は3月22日までとなっているけれど、今…

「ハマスホイとデンマーク絵画」展で買ったポストカードと、『建築のポートレート』(LIXIL出版、2017年)に掲載した香山先生の写真。どちらもローマのサント・ステファノ・ロトンド教会で、構図も近い。建物は5世紀、絵画は1902-03年、写真は1967年。いつか…

昨日撮った写真3点。

東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」展を観た(~3/26)。建物や室内空間も描いているし、僕が惹かれてもよさそうな画家だと思ったけど、案外そこまででもなかった。近くで見るよりも、筆触が消えるくらい離れて見たほうがよい。 もしかしたらハマス…

国立近現代建築資料館「吉田鉄郎の近代──モダニズムと伝統の架け橋」展を観た。初日に観て、「少なくとももう一度は訪れて、じっくり観る必要がある」と書いたものの(11月2日)、ギャラリートークの日は展示を観る余裕がなかったし(11月30日)、結局最終日…

上海のPower Station of Artの土産物。12ページごとに篠原一男の言葉が抜粋されたノート。

区役所に行って婚姻届を提出。結婚したことになる。こういうプライベートな出来事はこのブログでほとんど書いてこなかったし、書きたくないのだけど、妻となった人が「書かないと『建築と日常』の女性ファンが誘惑してくる」と言って聞かない。そんなことあ…

トラン・アン・ユン『青いパパイヤの香り』(1993)を家で観た。1950年代から60年代初めのベトナムを舞台にした作品。タイトルは色んなところで目にしながらなんとなく見過ごしていたけど、観てみるとやっぱり面白かった。この監督の作品を観るのも初めてで…

改築後の《The Okura Tokyo》(2019年竣工)を初めて訪れた。仕事の打ち合わせだったのでじっくりとは観ていないけど、以前のロビー空間(2015年8月27日)と比べて、たしかに再現性が高い。それを新しい建物の構成のなかにきっちりと収めているのはさすがだ…

最近買ったもの。サン=テグジュペリも『建築と日常』No.2(→)で触れて以来遠ざかっていたけれど(ツイッターのbotはフォローしている)、だいぶ前(2012年4月30日)に古本屋で買った『城砦』全3巻(山崎庸一郎・粟津則雄訳、みすず書房、1962-63年)はさす…

近所の古本屋で買った文庫本と、もらったバッジ。ここ数ヶ月、散歩がてら何度も行ったことがある古本屋だけど、まだ実際に本を買ったことがなくて、なにか早めに買いたいと思っていた。休日にそういう意図で買うにはちょうどよい本ではないかと思う。モラリ…

昨日挙げたほかに、このところアッバス・キアロスタミの『友だちのうちはどこ?』(1987)、『そして人生はつづく』(1992)、『オリーブの林をぬけて』(1994)、『桜桃の味』(1997)も続けて観たのだった。キアロスタミの映画については自分なりに文章に…

ここ最近、家で観た映画。ロバート・J・フラハティ『極北の怪異』(1922)、F・W・ムルナウ『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)、ジョン・フォード『周遊する蒸気船』(1935)、同『タバコ・ロード』(1941)、同『太陽は光り輝く』(1953)、黒澤明『醉いどれ…

マーティン・スコセッシ『沈黙 -サイレンス-』(2016)を家で観た。江戸時代のキリシタンと宣教師の弾圧を題材にした話。原作である遠藤周作の小説『沈黙』(1966)は数年前に香山先生との対談のなかで言及されてもいたのだけど、その時もその後も読んでは…

新年。新刊はないが、印刷会社のポイントがまもなく失効するというので、『建築と日常』の媒体案内(全号目次+主な取扱店)を更新し、印刷の注文をした。A4判両面、二つ折。オンラインショップやAmazonマーケットプレイスで注文があった際は、雑誌に同封し…

NHK Eテレで、日曜美術館「芸術を視る力 造る力──造形作家 岡﨑乾二郎」を観た。岡﨑さんの言論活動を紹介するパートで『建築と日常』No.1(→)が大きく映し出されて驚いた。 岡﨑さんの自作を語る言葉や制作現場の映像は、作品を読み解く上で大きなヒントに…

夕暮れ時の常滑(一昨日)。

これもINAXライブミュージアムの所蔵品だけど、昨日取り上げたようなタイルとは別物で、ホテルオークラ(1962年竣工、2015年解体)の外装タイル。もともとINAX(伊奈製陶)が製作したのだろうか。こういうものも人知れず(?)きちんと収蔵されているのだな…

昨日はそのまま常滑に移動して宿泊し、今日、1年ぶり(2018年12月20日)にINAXライブミュージアムを訪れた。今回は時間に余裕があって、すこし街を歩いたり、古今東西の充実したタイルの展示もじっくりと観ることができた(残念ながら堀口捨己設計の陶芸研究…

豊田市美術館「岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ」展を観た(〜2/24)。新作も含む大規模な回顧展。午前中から閉館時間までいたけれど、作品数が多く、小さなギャラリーでの新作展のように一つ一つをじっくりとは観ていられない。かつて観たことがある作品も多かっ…

昨日書いたことの具体例。最近、ブライアン・デ・パルマ『カリートの道』(1993)と、クエンティン・タランティーノ『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)を家で観たのだけど、どちらの作品も暴力が描かれていて、人が殺される。しかしそのことに対して、以前観…

ある種の作品が「子どもたちに悪影響がある」といって非難/規制されることは昔からよくあって、それに対して例えば「殺人を描いた漫画を読んだからといってその人が殺人を犯すわけではない」といったふうに、「表現の自由」や「作品の自律性」を擁護する反…