坂本一成先生の論説集『建築に内在する言葉』(編集=長島明夫、TOTO出版、2011年1月20日刊)が、今日でちょうど刊行10周年。大学の定年退職を記念した企画で、出版パーティーも予定されていたのだけど、その数日前に東日本大震災が起こり、パーティーも中止になったのだった。

その本もいつからか出版元で品切れになり、現時点では「日本の古本屋」でも1冊もなく(ヤフオクでもメルカリでも)、Amazonだと古書の最安値が1万円弱と、かなり手に入りづらくなっている。古書の品薄と価格の高騰は潜在的な需要の裏返しでもあるはずだけど、今の雰囲気からして今後の増刷は期待しにくい。
書き下ろしの序を除いて、収録されているのは過去に雑誌等で発表されている文章だけど、単行本化の際に校正には相当力を入れたので(僕のこの本での仕事はほとんどそこだった)、図書館で元の雑誌を当たるのなら、この本を借りて読むほうがよいと思う。初出時の文章との異同を確認する学術的な意味もたぶんあまりない。ただし特に第2部は、元の雑誌掲載のときのほうが図版が充実しているところがある。
f:id:richeamateur:20210119180204j:plain

f:id:richeamateur:20210122182516j:plain
ホームセンターで買ってきた1×8材(1820mm)で、室内に植木鉢を並べるための台を作った。クリヤーのニスを塗り、小さなゴムの脚を付けている。

NOBODY毎年恒例の年間ベスト企画。

荻野洋一さんが挙げている、マリオ・プラーツ『生の館』(上村忠男監訳、中山エツコ訳、みすず書房、2020年、原著1958年)に興味を惹かれる。「蔵書と美術品に彩られた自宅という記憶の森を600ページ以上にわたって語り尽くす。まさにステイホームの金字塔的な、狂気の大著である。」

「生の館」(La casa della vita)は「生きられた家」と言い換えてもよいのかもしれない。実際、多木浩二は『生きられた家──経験と象徴』でマリオ・プラーツを参照している。「マリオ・プラーツは、部屋や家具の文化を辿りながら、きわめて明確に、家は人なりという古いことわざを肯定している。かれは「あなたの家がどのように見えるか言ってごらんなさい。あなたがどんな人間か話してあげますよ」とも書いている。」(岩波現代文庫、p.101)
ただ、そういう抽象的なレベルで興味を惹かれるとしても、具体的なレベルで本書を埋めているだろう数多の事物、その固有名の嵐に果たして立ち向かえるのかどうかという懸念がある。本体8,800円。まあとりあえず今度都会の本屋へ行ったときに探してみよう。


去年書評を書いた写真集『建築のことばを探す 多木浩二の建築写真』(編=飯沼珠実、寄稿=今福龍太、建築の建築、2020年)に関して、編者による展覧会が開かれているらしい(トーキョーアーツアンドスペース 本郷、〜2/7)。以下、紹介記事。
architecturephoto.net
写真集の制作過程におけるリサーチの発表ということならば、写真集で明らかにされていなかった資料の情報も開示されているとよいと思う。つまり多木浩二はいつどんな建築の写真を撮っていて、それらはそれぞれどこで発表されているのか、また今回の写真集の写真はその全体のなかで質的・量的にどう位置づけられるのか(たまたま現存していた写真を集めているらしいのに、なぜ「多木浩二の建築写真」というタイトルを付けて全体を代表させられるのか)、他に現存する写真はないのか(例えば前に書いた(10月11日)磯崎新の建築の写真はどうか)など、写真集の制作/出版に必要なはずの基本的なこと。そういうところの不明瞭さが、あの写真集の捉えどころのなさや閉塞的な雰囲気の一因になっていた気がする。作家研究では誰しも行っているそうした客観的な情報の共有が、対象を歴史に開いていくことになると思うのだけど。

f:id:richeamateur:20210113145556j:plain
f:id:richeamateur:20210113144915j:plain
昨日はその後、渋谷駅方面へ歩いて行くなかで《乗泉寺》(設計=谷口吉郎、1965年竣工)も訪れた。実はこちらもこれまで内部に入ったことがなかった。廻廊で繋がれた本堂棟・講堂棟・福祉館が中庭を囲むように配され、その中庭には池の上に六角形平面の霊堂が立つという構成。竣工時と比べると、中庭は生け垣で分節され、池は規模が縮小されているようだった(池はともかく、生け垣は中庭が取りもつ建築の一体感を損ねている気がするし、手入れの手間もかかるだろうから、なくてもよいのではないかと思った)。以下、写真6点。

続きを読む

f:id:richeamateur:20210113130647j:plain
代官山ヒルサイドテラスに隣接する旧朝倉家住宅(1919年竣工)を見学。1947年に相続税への対応で売却され、農林大臣公邸や経済企画庁の会議所として使用された後、2005年に重要文化財指定。さすが内部はいろいろと見どころがある。2階の廊下に午後の陽が射していて、アーチが連続する西洋建築のような影を落としていた。

f:id:richeamateur:20210109141703j:plain
南洋堂書店から山田脩二さんの新しい写真集『新版『日本村』1960-2020』(平凡社、2020年)が届いた。先日(1月6日)お店を訪れたときに買うつもりだったのだけど、ちょうど在庫がなく、それならばと山田さんの展覧会が開かれているkanzan galleryで買うことにしたものの、会場で実物を手に取ってみると思いのほか大きくて重く、持って帰るのが大変そうなので断念したのだった。28.5×28.5cm、442ページ、函入り、12,000円+税。

山田さんの写真は「多木浩二と建築写真──三人寄れば文殊の知恵」でも多木さんの写真との比較で話題にしたし(動画後編56:10頃〜)、それなりに知っているつもりでいた。けれどもあらためて大判で印刷の質もよい写真集で観てみると、思っていた以上に引き込まれる。
建築関係者にとっては特に第1章「突出し始めた巨大建造物 1966-1971」が、いわゆる「これだけでご飯3杯はいける」という写真ではないだろうか。《霞が関ビル》《パレスサイドビル》をはじめとする12の巨大建造物が、設計者名は記されずに、建築家の作品というよりは都市の現象として、周囲の街並みとの対比のなかで捉えられている。一般にそういう写真は、建物の新旧や大小や高低の対比を際立たせてジャーナリスティックで告発調になりやすいけれど、山田さんの写真は不思議と中庸の品があり(山田さんに暴力的な都市開発に対する批判意識がないわけではないだろう)、都市の現象をありのままに見つめているような印象を受ける。
その客観的ともいえる全体のあり方は、同時に「主題」以外の魅力的な細部を写真に包含させることにもなる。山田さんの写真がどこまで「建築写真」らしいかはともかくとして、しばしばその超越性を批判される「建築写真」は、しかしその撮影者自身も超えるような超越的なまなざしを持つからこそ写し取れるものがある。たまたまその時そこにいた豆粒のような人々や電信柱の張り紙、場末の飲み屋の看板、空に浮かぶアドバルーン……(多くの写真で物干し台の洗濯物が目に付くのは、晴れた日に太陽を背にして撮影することが多かったことを示しているのだろうか)。そうして時を経た写真に残る小さなものに目を凝らし、思いを馳せるのも、机に広げた写真集をのぞき込む体験ならではという気がする。
 
以下、最近古本で買った『新アサヒカメラ教室4』(朝日新聞社、1979年)より。建築写真のパートの執筆者は、渡辺義雄・高井潔・山田脩二の3名。

 しかし、オーソドックスな建築写真は、撮影の対象とされたひとつの建物のみにあまりにも表現が集中しすぎてしまい、おとなしい優等生的な美しい建築完成写真になってしまう傾向が強いようである。エネルギッシュに変貌する都市や街の中の建物の表現が、ただ美しいというだけで、生きた姿から遠ざかってしまっては困ると思う。[…]
都市空間におけるドキュメントとしての“よい建築写真”とは、この不調和で、多要素が混在しながら膨張する都市へのまなざし(視点)なしには撮り得ないだろう。

  • 山田脩二「建築写真と都市空間」『新アサヒカメラ教室 4』朝日新聞社、1979年

f:id:richeamateur:20210107230601j:plain
書類の整理中に出てきた。学生の頃、研究室で夜中に一人だったときに、どこかから引っ張ってきたテキストをレイアウトしてプリントアウトしたもの。20年くらい前。この当時は自分が入力した文字列がレーザープリンターで鮮明に出力されるだけで悦びがあった。いつのまにか俺も川島雄三が死んだ歳を超えてしまったかと思ったけどまだだった。


2月上旬の閉店が予告されている(11月17日)QUICO。社会状況や在庫状況を見据えつつ、現時点でまだ閉店日は決まっていないらしい。今の店舗部分にはまた別のお店が入る予定とのこと。
写真を縦位置で撮るのは苦手なのだけど、それは僕がズームレンズの標準〜望遠で撮ることを好んでいるせいもあるのかもしれない。iPhoneのカメラだとどうしても広角(35mm判換算で約28mm)になってしまうけれど、それで撮影位置を探りつつ強制的に構図を作ってみると、意外と縦位置でもうまくいく。
その後、電車で移動して竹橋の東京国立近代美術館へ。企画展の「眠り展:アートと生きること」と「男性彫刻」、所蔵作品展の「MOMATコレクション」(特集展示:岡﨑乾二郎「TOPICA PICTUS たけばし」を含む)を観た(いずれも〜2/23)。それから神保町の南洋堂書店に立ち寄りつつ、東神田のkanzan galleryまで歩き、山田脩二「新版『日本村』1960-2020──写真プリントと印刷」展を観た(〜1/24)。また緊急事態宣言が出るようなので、その前にいくつか行きたかったところを回っておこうと思った。

ニュースになっている岸和田市新庁舎のデザインビルド(設計・施工一括発注)のプロポーザルの件、1次審査を通過した3社のうち2社を市当局の独断で失格とし(これを批判して審査委員の専門家のほとんどが辞任)、結果残った1社が公式に選定されたということか(梓設計・隈研吾建築都市設計事務所・大成建設・矢野建設共同企業体)。


失格になった2社の「違反」とは現実的にどの程度のことなのだろうか。部外者や非実務者にはなかなか分かりにくい。仮に刑事事件になるような誰の目にも明らかな違反ならば、たとえ市当局の独断で失格にしても審査委員はここまで強く出なかった気がするけれど、リンク先の元審査委員による文書では「さまざまな解釈が可能」とされている。
登場人物の配置や最近の世相からして、どうしても下のような例を思い起こしてしまう。最近読んだ本で知ったこと。

 記憶に残る派手なところでは、「日本武道館」がある。山田守がコンペで取った。
 このコンペは指名された4人で争う指名コンペだった。[…]
 審査委員6人が審査した。すると第一次審査でO氏(Oが付くのは2人いるがそれ以上は伏せられている)の案に5票、山田守の案には1票しか入らず、1対5で決定的に分が悪かった。ところが委員長はどうしても山田守を1位にしたい事情があった。これに触れると長くなるので省略するが、とにかく山田守に勝たせたかった。
 このまま決選投票に持ち込めば負ける。
 そこで委員長は、「最終審査は後日やり直す」と宣言して、決定を延ばしてしまった。
 そして最終審査までの間に、委員長は仲間の国会議員6人(武道館建設の理事でもあったが)に声をかけ、彼らを審査委員に加えて最終審査、決選投票をした。

  • 吉田研介『コルビュジエぎらい』画=岩辺薫、自由企画・出版、2020年、p.80

O氏は大江宏、審査委員長は松前重義らしい。松前は東海大学の創立者・理事長・総長であり、山田守とはふたりが逓信省時代からの知己で、山田は東海大学の理事・教授を務めつつ大学校舎の設計も担っている。本の著者の吉田研介さん(『建築と日常』No.5に寄稿していただいた)は1967年に東海大学の専任講師になり、その後教授まで歴任した言わば「身内」なわけだけど、この件で学術論文まで執筆する批判精神の逞しさ。