数年前から妻が飼っていた文鳥が先月、病気で死んでしまい、駅前の小鳥屋でまた生まれて間もない文鳥を買ってきた。